image前向きな理由を添える

image

現代社会において転職をするというのはそれほどまで珍しくないイベントになりました。それは一生を一つの会社で過ごすという考え方自体が希少なものとなってきたためです。
またその他にも理由はさまざまあります。例えば、多いものですと年収が低いなどといった職場への不満です。また、もっと色々な仕事がしたいという前向きな理由で仕事を替える人もいます。

結婚などを理由として転職を決めるというケースもあります。他人からすれば、そんな理由で転職するの?と思われるようなきっかけで転職する人もいたりしますが、人生を通して働くと考えると、不満を抱えたままいつまでも働くのは容易ではありません。

転職の理由は必ずしも自発的なものだけではなく、選択の余地なく仕事を替えるケースもあります。体調不良によりそれまでと同じようには仕事を続けるのが困難というケースや、仕事をクビになって仕方なく次の仕事を探す場合もあります。選考の際には、ほぼ間違いなく転職に至った理由を問われます。

その時にきっかけを隠さず言うべきか迷うところですが、動機次第では正直に言わない方がいい場合があります。
特に注意したほうがいいのは、転職の動機が前の仕事に対する不満、というときです。全てに満足できる仕事はなかなかありませんから、転職理由として前の会社への愚痴を挙げるだけでは、採用したところで気に入らないことがあると転職してしまうのでは、などといった印象を与えるからです。ですから、どのようにきっかけを前向きなものに変換して伝えられるかがポイントです。

また、自主的な転職では、動機が転職先探しをする上でとても重要です。転職を決心しても、思うように応募先企業を選ぶことができないという人は、まず、どうして転職したいと考えたのか、そのきっかけについてもう一度考えてみましょう。それが不満にせよ、ポジティブな理由にせよ、それはどんな会社で働きたいのか、どのような業務に就きたいのかを反映しています。履歴書や職務経歴書の作成で行き詰まっても、一旦転職について考えたきっかけまで遡って思考をまとめると上手くいく場合があります。